電気工事士の試験
軽微な工事及び軽微な作業
資格取得
第一種電気工事士
 自家用電気工作物に係る電気工事と一般用電気工作物に係る電気工事の作業に従事することができる資格。ただし、自家用電気工作物に係る電気工事のうち特殊電気工事(ネオン工事及び非常用予備発電装置工事)の作業に従事することはできません。また軽微な工事及び作業は含みません。
第二種電気工事士
 一般用電気工作物に係る電気工事の作業に従事することができる資格。改正前の電気工事士法に規定していた電気工事の資格と性格は全く同じものです。また軽微な工事及び作業は含みません。
特殊電気工事資格者
 自家用電気工作物に係る電気工事のうちネオン工事及び非常用予備発電装置工事の種類別に、それぞれ資格を得ている特殊電気工事の作業に従事することができる資格。資格にはネオン工事に関するものと非常用予備発電装置に関するものの2種類が現在あります。
認定電気工事従事者
 自家用電気工作物に係る電気工事のうち特殊電気工事を除く簡易電気工事の作業に従事することができる資格。
軽微な工事及び軽微な作業
軽微な工事(第一種電気工事士)
(1) 電圧600V以下で使用する差込み接続器、ねじ込み接続器、ソケット、ローゼット、その他の接続器、または電圧600V以下で使用するナイフスイッチ、カットアウトスイッチ、スナップスイッチ、その他の開閉器にコード、またはキャブタイヤケーブルを接続する工事。
(2) 電圧600V以下で使用する電気機器(配線器具を除く。以下同じ)の端子に電線(コード、キャブタイヤケーブル、及びケーブルを含む。以下同じ)をねじ止めする工事。
(3) 電圧600V以下で使用する電力量計、もしくは電流制限器、またはヒューズを取り付けまたは取り外す工事。
(4) 電鈴、インターホン、火災感知器、豆電球その他これらに類する施設に使用する小型変圧器(二次電圧が36V以下のものに限る。)の二次側の配線工事。
(5) 電線を支持する柱、腕木その他これらに類する工作物を設置し、または変更する工事。
(6) 地中電線用の暗渠、または管を設置し、または変更する工事。
※ ここでいう軽微な工事とは、電気工事士法、及び電気工事業法において規制の対象としている「電気工事」の定義から除かれる電気工事ということです。したがって資格のない者であっても、その作業に従事することができます。一般用電気工作物及び自家用電気工作物に係る電気工事のうち、この軽微な工事の部分は、第一種電気工事士または第二種電気工事士の資格のない者であってもその作業に従事することができるということです。また、軽微な工事のみ行う電気工事業者の場合、電気工事業法に基づく電気工事業者としての登録
届出、または通知等の手続きをとらなくともその事業を営むことができるということです。
軽微な作業(第一種電気工事士・第二種電気工事士)
T.次に掲げる作業以外の作業
(1) 電線相互を接続する作業。
(2) がいしに電線を取り付ける作業。
(3) 電線を直接造営材その他の物件(がいしを除く)に取り付ける作業。
(4) 電線管、線樋、ダクトその他これらに類する物に電線を収める作業。
(5) 配線器具を造営材その他の物件に固定し、またはこれに電線を接続する作業(露出型点滅器、または露出型コンセントを取り換える作業を除く。)
(6) 電線管を曲げ、もしくはねじ切りし、または電線管相互、もしくは電線管とボックスその他の付属品とを接続する作業。
(7) ボックスを造営材その他の物件に取り付ける作業。
(8) 電線、電線管、線樋、ダクトその他これらに類する物が造営材を貫通する部分に防護装置を取り付ける作業。
(9) 金属製の電線管、線樋、ダクトその他これらに類する物、またはこれらの附属品を建造物のメタルラス張り、ワイヤラス張り、または金属板張りと部分に取り付ける作業。
(10) 配電盤を造営材に取り付ける作業。
(11) 接地線を自家用電気工作物に取り付け、接地線相互、もしくは接地線と接地極とを接続し、または接地極を地面に埋設する作業。
(12) 電圧600Vを超えて使用する電気機器に電線を接続する作業。
U. 第一種電気工事士が従事するT.の(1)から(12)までに掲げる作業を補助する作業。
軽微な作業(第二種電気工事士)
T.次に掲げる作業以外の作業
U.第一種電気工事士、または第二種電気工事士が従事するT.(1)から(12)までに掲げる作業を補助する作業。

 

 

資格取得
第一種電気工事士による電気工事の作業
次のいずれかに該当する者
◆ 大臣が行う第一種電気工事士試験に合格し、かつ、所要の実務経験を有する者。
◆ 知事が同等以上の者と認定した者。
特殊電気工事資格者による特殊電気工事の作業
 通商産業局長の認定した者
認定電気工事従事者が従事できる電気工事の範囲
◆ 通商産業局長の認定した者。(電圧600V以下の電気工事「簡易電気工事」)
第二種電気工事士による電気工事の作業
従来の電気工事士を第二種電気工事士と改名次のいずれかに該当する者
◆ 大臣が行う第二種電気工事士試験に合格した者。
◆ 大臣が指定する養成施設で所定の課定を修了した者。
◆ 知事が同等以上の者と認定した者。